スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脾粒腫という脂肪の塊

2008.10.22
目や顔には、脂肪の微少な塊が脾粒腫となって発生することがあります。脾粒腫は自然にぽろっと取れたりすることもありますが、なかなか取れないことのほうが多いようです。脾粒腫とニキビは混同されやすい症状ですが、脾粒腫は毛穴に脂肪で栓をされたような感じです。まだ幼い頃から脾粒腫が確認できる子供もいますが、多くは30代を越えてから目につくようになるようです。首や頚部や脇の下に多発する2ミリくらいの肌色をしています。淡褐色のブツブツが多発する場合もあります。皮膚の一部分が脾粒腫になるので、悪性になる心配はありません。加齢と共に脾粒腫が増えるというケースもありますが、年を取ってもできそうな気配もないこともあります。脾粒腫という脂肪の塊は他人に映るうつることはありませんが、徐々に数年間かけて成長して飛び出た状態になったりします。俗称で、スキンタッグとも言われます。皮膚科に行くと、案外短時間で簡単に取り除いてもらうことができるようです。新陳代謝を活発にすることで、脂肪の凝固体が発生しにくくなるといいます。代謝をよくする為には、脂肪の塊そのものに対しての処置ではなく、食生活なども関係してきますので、根気と知識がいることになります。アイケアの一環としてアイクリームで目の周囲の手入れをすることは、目の周りにある脾粒腫対策になります。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット情報満載
ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。